• 知成 紀野

外国籍ユーザーのライフスタイルに合わせた物件提案、生活サポート、暮らしを豊かにするサービス提供を行う「AH Home(アットハースホーム)」をリリース

Live the life you want 〜誰もが自由に暮らせる世界を。〜

 

外国籍向け賃貸仲介&総合サービスを提供しているアットハース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:紀野知成)は、カスタマーのライフスタイルに合わせて物件提案や生活サポートを行うサービス「AH Home(アットハースホーム)」英語版をリリース致しました。


▼ AH Home(アットハースホーム)概要

「AH Home(アットハースホーム)」は簡単な質問に答えるとカスタマーの希望するタイプの物件が提案されます。またその物件は、アットハースが独自の調査で構築した外国籍の方に有効的な物件のデータベースです。カスタマーは自身の日本語能力、ビザに合わせて審査に通る可能性が高い物件を検討することが出来ます。


ユーザーは「AH Home(アットハースホーム)」の進捗管理機能により独特で複雑な日本の入居プロセスをスムーズに実行できます。特に入居申し込み・審査・契約という段階において、自らすべきことが明確になり、不安なく新生活の準備をすすめることが出来ます。入居開始後のサポートも「AH Home(アットハースホーム)」経由で依頼頂くことで、片言の日本語で直接管理会社に意思を伝えるストレスから開放されます。



▼ 提供の背景


あなたは初めて暮らす異国の地で、憧れの生活をするための物件をどのように探しますか?


日本の国内生産労働人口が減少(※1)し、高度人材外国人が増加(※2)する中、入居拒否された経験がある外国籍の方が39.3%(※3)に上ります。


一般的な不動産ポータルサイトに掲載されていて、外国籍の方が実際に入居申込できる物件は全体の3.74%(※4)しかありません。


さらに、所有者と入居者の間に管理会社が介在する日本の賃貸不動産のビジネスモデルは、所有者と直接契約する世界の常識と違い、外国籍の方にとって手間の多い、複雑な仕組みになっています。


土地勘のない場所で、レガシーなデザインの使いづらいサイトで物件を問い合わせても、実際には空室ではない物件にばかり。理想とは違うけど、なんとか見つけた空室を借りるために、母国で慣れ親しんだ仕組みとは全く違うプロセスを強いられ、せっかく申込みをしても理不尽な理由で入居を断られる。

これは日本で部屋探しを行う外国籍の方の、殆どの方が体験するショッキングな実態です。


私達はこれまで延べ2000組以上の外国籍の方のお部屋探しをサポートし、全て星5のGoogleレビューを60件以上頂いております。

もっと多くの方に、満足できる体験を提供するため「AH Home(アットハースホーム)」をリリース致しました。


▼今後の展望・方針

「AH Home(アットハースホーム)」はライフスタイルテックとして、生活のプラットフォームになるべくアットハースがこれから展開する様々なサービスの窓口となります。

「AH Home(アットハースホーム)」はカスタマーの部屋探しから入居申し込み、退去まで一貫してサポートすることにより継続的なタッチポイントを生み出します。


今後は世界中の様々な都市で、ユーザーの生活を総合的にサポートするライフスタイルテックを提供するため顧客体験の最大化を目指します。



 

▼代表プロフィール


紀野 知成(キノ トモナリ)

駐在員向け事業8年、日仏英のトリリンガル


米軍基地、養護学校育ち、米国留学後に上智大学入学。新卒入社した三菱商事から派遣されたフランス在住時に各国の不動産形態の大きな相違点を経験。 帰国後の2013年以降、入居拒否され続ける外交官や海外の駐在員2,500人以上の通訳、保証、家探しをサポート。東京の在留外国人コミュニティで厚い信頼と独自の集客力を持つ。日本の伝統的な不動産業界を変えるべく、アットハース創設を決意。

<メッセージ> 私達はこれまでマイノリティと呼ばれてきた全人口の2%である在留外国人たちに寄り添い、彼らの入居拒否問題を解決すべく累計2,500人以上のお問い合わせを受けて賃貸仲介業を営んできました。多くの大手管理会社や保証会社さまのサポートを通じ、審査要件や日本語能力など40以上の条件分析を元に精度の高いマッチングも可能になってきました。また、日本人口の減少や多くのオーナー様の世代交代を通じて、優秀な外国籍の方たちの受け入れが大きく改善し、彼らに日本に住んでもらう事は日本の国家戦略となっています。

既存の大手企業への信頼が失われ、トラストエコノミーや少子高齢化が進むこの世界は私達の社会を今後どう変えるでしょうか?

アットハースはリロケーションの入り口として外交官や駐在員から月次で平均100件以上の家探しや生活サポートのご要望を頂いています。直近では円安の影響や先進国の不動産高騰の影響も有り、売買仲介業やより良い暮らしを楽しむ為のクリーニングサービス、贅沢な旅行体験、その他リロケーションサービスなどのリクエストも増加しています。

私達は誰もが自由に暮らせる世界を作るべく、賃貸仲介業に留まる事なく今後はライフスタイルテックカンパニーとしてパートナー様を募集しております。高収入の新顧客対象として販路拡大にご興味お持ちになった法人様は是非アットハースを代理店のパートナー候補先としてお気軽にお問い合わせ下さい。


▼投資家からのメッセージ


株式会社ジェネシア・ベンチャーズ Investment Manager

水谷 航己さん


<メッセージ>

アットハース社がこれまでの事業活動を通じて培ってきた知見とネットワークをフルに詰め込んで開発を進めてきたプロダクトが、ついにリリースされることになりました。不動産賃貸仲介のオペレーションを大幅にアップデートするもので、お部屋探しに悩む在留外国人の方が、安心して快適な住まいを見つけることができるようになると期待しています。このプロダクトリリースを皮切りに、在留外国人の方々をはじめ、不動産賃貸仲介に携わるさまざまなステークホルダーにとって有益なエコシステムづくりに、アットハース社がカテゴリーリーダーとしてさらに励んでいくことをサポートして参ります。



【本件に関するお問合せ先】 アットハース株式会社 広報担当:勝亦(かつまた) 電話:050-7103-8717 メールアドレス:corp@athearth.com FAX:050-3153-8717


出典

※1:労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の概要

※2:出入国在留管理庁 公表資料「高度外国人材の受入れ状況等について」

※3:法務省 外国人住民調査報告書(2016年7月)

※4:当社調査による

【調査概要】================================

1-1. 調査期間

▼有効例(2022年7月1日~31日まで実施した場合)

2021年7月1日~2021年10月4日

1-2. 調査機関(調査主体)

自社調査

1-3. 調査対象

23区内家賃9万円以上の賃貸物件

1-4. 有効回答数(サンプル数)

21,170戸

1-5. 調査方法(集計方法、算出方法)

▼有効例

1-5-1. 対人調査の場合

電話調査

=========================================

閲覧数:4回0件のコメント